誰も「悪者」のままで終わることは出来ない。

 

自分を不快にさせる人。

 

イラッときたこと。

 

自分に嫌な想いをさせた人。

 

 

「あの人は

私に嫌な想いをさせたのに

何も反省していないから!」

 

確かに

あなたの

その予測通りなら(^_^;)

 

 

あなたを

傷つけた「その人」も

 

 

あなたを不快にさせて

傷つけたり

嫌な想いをさせて

 

 

「そのまま」でいることは

出来ないんですよね。

 

 

たとえ

誰であったとしても。

 

どんなに社会的地位があったり

すごい霊能者だとか

どんなに

偉い先生であったとしても。

 

 

宇宙は

「やり逃げ」することは

出来ないから。

 

 

人にしたことは

ただ、シンプルに自分に

はね返ってくるだけ。

 

 

全ての人が

その宇宙の原理に

乗って生かされているから。

 

 

時間差があって

すぐには

はね返っては来なかった

としても

 

 

あなたに

嫌な想いをさせた

業はどこかで清算しなくては

いけなくなる。

 

 

確かに

憎まれ役として

登場してきた人も

 

 

自分の人生において

「役割」を果たしたの

かもしれません。

 

 

その人から

学ぶことがあったから

「憎まれ役」として

自分の人生に登場してきただけ。

 

 

自分のために

その人も役割を背負って

くれたのかもしれませんが。

 

 

全ての人が

エネルギーである以上は

 

 

今のその状態から

成長してゆくため。

次元上昇してゆくため。

 

 

あなたから見て

悪者であっても

その人も「憎まれ役」のままで

終わることは出来ないわけです。

 

 

人を傷つけた業、

カルマと言われますが

 

カルマを清算して

人を傷つけたことを

学び

 

 

これまでの

悪者に甘んじてきた自分からは

成長していかなくては

いけない。

 

 

みんな

これまでの自分から

次元上昇せずには

いられない。

スピリチュアル流に言えば

「魂の成長」でしょうが。

 

 

宇宙は私達

エネルギー体を

常に今の状態から

「次元上昇」させようと

しています。

 

 

だから

「悪いことをしたら

バチが当たる」

って言葉が昔から

ありますが(⌒-⌒; )

 

 

誰も

罰など与えられない。

 

 

神様という表現だろうと

宇宙や高次元なる存在

という言葉で言い表される

ものであろうと。

 

 

罰など

与えはしない。

 

 

ただ

私達はすべて

「悪者」で終わることは

させないだけ。

 

 

だから

誰であろうと

 

「神様に見放される」

「天に見放される」

ということも

 

決して

ないんですよね。

 

 

ちょっと皮肉った

言い方ですが(^_^;)

無理なチャンスが巡ってきて困ることなんてないから。

20日の新月の日あたりから
停滞していたエネルギーも
動き出したようです。

秋分の日を迎え
20日〜26日あたりまでは
エネルギーが動く
ようですが


これからどうなる?

自分がやっていること


そりゃ進展は
して欲しいけど

でも
今はチャンスが来ても
困るな〜σ^_^;

だって
チャンスが来ても
応える力は身に
ついていないから^_^;


でも
断わったら
もう二度と私には
頼んでもらえなくなる
チャンス失うんじゃ〜?


そんな葛藤が
出ている時期かも
しれません。


でも
無理な形で
やって来ることは
ないから。


まずは
1つ1つ
今の自分に
ふさわしいものが
巡ってきて


今なら
自分の生活も
大きく変われます!
っていう段階まできてから

宇宙は
あなたの願っていたこ

やりたいと思いながらも
今は無理だから!と思っていたものを

最善のタイミングで
引き寄せてくれるんですよね。


また逆に


いきなり
大金が口座に
振り込まれて
もう明日から会社に
行かなくてもいい!

とか

何の種まきも
することもなく

来月からは
作家で生計立てられますよ!
写真家で生計立てられますよ!


という
状況も突然には
来ないんです。


そうなってゆくために

徐々に
チャンスが巡ってきて


1つ
1つ
ふくらんでゆき
形になってゆく。


あなたが
まずは


「今なら受け取れる状態」が
来るまでは


あなたが
宇宙にOKのサインを
出さない限りは


「無理なチャンス」
なんて

巡ってこないから。


あせることも
心配することも
無いんです。

互いに出会えて 寄り添えるのは「 今、この瞬間だけ」だったりする。

互いに出会えて
寄り添えるのは
今、この瞬間だけ。


信頼し合える人間関係、
仲良かった人との出会いとは
永遠に続いてゆくものでは
ないから。


互いに「最善」だと感じた
「そのとき」
「その瞬間」
だけで充分なんです。


こう言うと
冷たく聞こえるかも
ですが(^_^;)


今まで仲良かった人や
お世話になった人。
恋人だったり
友人関係。


手が離れる時。

相手の悪い印象ばっかりが
残るかもしれません。


今まであの人からいいように
利用されていた!

あんなに私と仲良かったのに最後は
お金のために裏切ったから!


でも

仕事だから
としても

営業目的があって
生まれた関係だった
としても


その人が
自分のために
よくしてくれたことや

誠意を持って接してくれた
ことも確かだったり
するんですよね。


そして
お互いにそれで
認めあった最善の
関係だったはず。


ただ
誰しもみんな
「そのまま」では
いられないから。


私たち人間も
またエネルギーなので
変化していかざるを得ない。


自分が変われば
周りの人間関係も
変わっていく。


引き寄せるものも
変わっていくはずだから。


その人と手が離れるとき。


嫌な終わり方をする
ときだってあるから。

そしたら
たいていは相手への最後の悪い
印象だけが残るでしょう。


今まで仲良かったことや
良くしてくれたことまで
全部

記憶にはあっても


互いに
それで納得し合って
信頼が生まれていたことは
忘れて

ただ
「利用されてた!」
なんて記憶に
すり替わっていたりします^_^;
意外と…


でも
相手の誠意や
必要とし合えたことも
確かだったはず。


手が離れるときは
互いにエネルギーが変わり


互いに引き寄せあう
時期が終わって


お互いに
もう別のステージに
行きなさいって時期
なんですよね。


相手が誰であろうと
一生お互いに
手を取り合うって
生きていく事は
出来ない。


人間関係も
ずっとアップデート
してゆくから。


ただ
お互いに引き寄せ合う時期が
必要とし合った時期が
終わったんですよね。


それでも
お互いに必要としあった時期が
あったことも確かだから。


それも決して
嘘ではなかった。


それでも
嫌な終わり方
嫌な離れ方をしたら

相手を恨むなとか
憎むなとか
無理する必要は無いでしょうが。


その1つ1つが
自分の一部となって
今まで自分のいた次元から
次元上昇してゆく。


恨むも、憎むも
我慢はしなくていいんです。


それも
自分の中に残っているなら
味わいつくして
いずれ解放してゆくことで

また
次元上昇してゆく。

全ては
無駄ではないのだから。


互いに出会えて
寄り添えるのは
今、この瞬間だけ。

それは本当に自分の願いかどうか。 ただ自分の コンプレックスを拭いたいだけ。 コンプレックスを消し去りたい、が 本音だったりします。

 

それは本当に自分の願いかどうか。

 

ただ自分の

コンプレックスを拭いたいだけ。

コンプレックスを消し去りたい、が

本音だったりします。

f:id:megst:20170903223148j:plain

いじめられたり、バカにされてきた

過去の自分に勝ちたいから

強くなろうとしている。

 

社会に出る前も

出てからも、周囲から

バカにされてきたから

それが嫌で、

他人に過剰に注意したり

他人を責めては「自分は出来る人」と

思われたい!

 

 

太ってる!ってバカにされたから

必死に痩せたい!スリムでいたい!

キレイになってモデルにでもなりたい!

って思っている。

 

お金のことで苦労する家に育ったから

それが嫌だったから

お金持ちになって、当時の自分に勝ちたい。

 

それって

金銭的にも豊かに暮らして

あんなことをやりたい、

こんなことをやって生活したい。

 

仕事が出来てさばける人になりたい!

 

スリムでキレイでいたい!

 

自分がああしたい、こうしたい、

って望んでいる訳ではなくて

 

 

「自分のコンプレックスを消し去りたい」

が本音だったりします。

 

 

それって

過去の自分を受け入れられていない。

 

必死に「過去の自分」を

消し去ろうとしている。

コンプレックスに今も怯えている。

 

だから「過去の自分から真逆」に

なろうと躍起になっている。

 

真に望んでいる訳ではなくて

心の奥にあるのは

「もう他人から見下されたくない」

って気持ちだったりする。

 

そういう状態では

「スリムな自分の姿」も

「お金持ちになっている自分」も

「バリバリ仕事の出来る自分」も

引き寄せることは出来ずに

 

 

変わろうと躍起になってるのに

全く理想の姿には

近づけずに「空回り」に

なっているだけだってパターンが

多い訳です(^_^;)

 

 

そして

そんな自分の本心には

気づかないまま

 

もしくは

見ないフリをしたまま。

 

転職しようと

関わる場所や人、環境が変わろうと

形を変えて似たような「空回り」を

続けていく。

 

こんなパターンは誰しも

「そうかも〜」

ってあると思うんです(^_^;)

 

 

誰しも自分のコンプレックスを

拭いたいって気持ちはあります^_^

 

 

でも、本当にそのコンプレックスから

抜けてゆくには

バカにされ、否定された自分自身に

 

また、あなたのことを

そうやって否定してきた人達に

「勝とうとする」ことではないんです。

 

 

自分で

「消し去りたい過去の自分自身」を

受け入れること。

 

 

そこから

全て上手く流れ始めるから^_^

 

 

今までが卑屈な生き方になり

妥協して生きていたなら

 

そこから「変わるため」の

きっかけとして

 

「バカにされたから、

もう卑屈な生き方はやめよう!」

「バカにされて、

このままで自分はいいのか!」

 

他人を見返してやりたい!

今までの自分の人生に勝ちたい!

って気持ちを持つのも

いいんです^_^

 

 

でもそれは

最初の瞬発力のようなもの。

 

変化するための最初の

引き金にはなってくれるけど。

 

「引き金」でしかないから

「そのまま」では

そのコンプレックスに

まみれた自分から

本当に脱却はしていけないん

ですよね。

 

 

でも

そうは言っても…。

 

コンプレックスだらけの自分を

「受け入れる」なんて

どうやって?

 

そもそも自分でそんなこと

認めたくない!

って思うかもしれません。

f:id:megst:20170903223227j:plain

 

じゃあ、

「好きでそれをやっているのか?」

 

この問いかけをしてみる。

 

 

デブだってコンプレックスがある!

だから痩せてモデルの仕事するの〜

 

でも痩せきれない!

 

なら

本当にそれは望んでいること?

 

もうデブと他人から言われないために

痩せて、それもモデルにまでなれば

誰も私をバカには出来ない…!

 

それが本音で

本当にモデルを

やりたい訳でもないなら

 

自分の本当の望みではなく

ただ「コンプレックスに勝ちたい」

でしかない。

 

 

じゃあ

他人の評価や他人に

どう思われるかを置いといて

 

ただ自分がやりたいか、どうか

だけを探ってみる。

 

別にモデルまでなれなくていい、

って本心に気づくと

自然と痩せられたりするんですよ^_^

 

 

自分が望んで

それをやっているか、どうか。

 

その問いかけから

自分の望みに「気づく」ことから

真に望んでいる姿や状況は

引き寄せられてゆきます。

夢叶った状態とは「自分を完璧に満足させている状態」ではないはず。

特別な満月だと言われた

8月22日の「獅子座の新月」。

f:id:megst:20170829000941j:plain

誰もが

その前後でこれまでの

自分の中の

「これまでの当然」が

覆されたり


もしくは

何かが

強制終了のような状態になり

何か再スタートを切らざるを

得ないような


そんな場面があったのでは

ないでしょうか。


私自身もイラストの仕事で

このまま漫画の案件を

受けてゆく予定だったけど

これは一度、勉強し直しだ!

っていう状況が生まれました。



「夢を叶える」

「自分の思い描いていた

理想の世界を生きている」は


何の悩みもない

全てが満たされた

「理想の世界」では

ないはず。



地に足がついている。

だからこそ


理想だったことを

仕事にしていこうと


ビジネスで成果を挙げて

大きな収入を得ようと



その場所で

その世界で生きる以上は

色んな課題が見えてくるはず。



何の苦しみも無い

何の不満も悩みも無い世界に行けると

思っているなら


それは

フワフワ夢を見て

理想の世界を夢想している。



自分のやりたいことを

仕事にする。


例えば

絵を描いて

仕事してゆければいいのに。

でも、まだ遠い話。

実際の自分の現実は違うから。


でも

その夢が叶えば

もうそれで

全て満たされる!


それさえ

出来るようになれば

全てが満足する人生になるんだ!


まだ

そのスタートラインに

立ってないうちは

こんな気持ちが

生まれるかも

しれません。


私もこういう気持ちが

あったんですよね(^◇^;)


でも、それは

スタートラインに

立っていないとき


むしろ、

何も行動していなかったり

まだ好きなことが

形としても見えない

実感が出ないような

「雲をつかむような感覚」だから


夢が叶った状態は遠い

そこから遠い現状から

夢想している状態。



世間から

どんなに成功者と

思われている

世界的な歌手や

ハリウッドスターでも


実際には

すごくリッチで

名声があって

身も心も全然余裕だよ〜

ではなく


むしろ

この作品を出すことが

最後の大きな賭けだ!

ってぐらい追いつめられた

状況だったりする訳です。


極端な例ですが^_^;



じゃあ

地に足がついて

夢叶った状態は悩みだらけで

苦しみばっかりってこと〜?


と、落胆して

夢を失う必要は

無いです(*^_^*)



むしろ

地に足がついているから

「理想の世界を生きている自分」とは

今の現状の自分から

かけ離れた

ほど遠いものではないって

ことだから。



今の自分の生活の中で

やっていること。

寄り道してきたこと。



全ては点で繋がって

生きていくんですよね。



例えば

今の会社で

お客さんを相手にする仕事で

ストレスためてる〜


やりたいことと関係無い、

経理や事務職をさせられていて

やりたいことと

関連ある仕事じゃないから嫌だ!


人間関係で悩んでる!


でも

イラストレーターになれば

今の会社には来なくてよくなるから

いいんだ!


でも

売れっ子作家にさえ、

なってしまえば

会社に来てストレスためることは

ないからいいんだ!



ではなくて(笑)


フリーランスになろうと

クライアントや契約している会社は

あるから、人間関係もある。


独立して仕事するなら

経理も最初は

まず自分でやり始める。


今の会社で

やっていることも関係無いようで

全て引っくるめて


点で繋がってくれたり

するんですよね。



「夢叶った理想を生きる自分」とは

今の自分から遠くかけ離れた

フワフワした存在ではない。


今の自分の延長線上に

血が通ったように

確かに存在しているもの。

達成せずに 尻切れトンボに 終わるのもアリなんですよ。

今日は

獅子座の新月



自己表現。

誇り。


「自分の内なる王者が目を覚ます」

f:id:megst:20170723225716j:plain

と言うニュアンスを

見聞きしています。


人それぞれ

現象や受け取り方が

あるのでしょう。



新月の2日前後は

その影響が出てくる、

と言われます。



不要なものは

手放す。


他人の目を気にするのを

やめる。


中途半端な人と他人から

思われたくない。


もしくは


自分でも

そう思いたくない。


他人からも

自分のコンプレックスからも

解き放たれた

「王者」になる。



中途半端なんて嫌だ!

自分でいい加減な人間って

思うから・・・


人にも

そう映るだろうから・・・



でも

達成せずに

尻切れトンボに

終わるのもアリなんですよ。



熱中して

途中までは

一生懸命やってたけど

完結させられないまま

終わってしまった・・・


こういうとき

モヤモヤもしますよね(^_^;)



私自身は

人生の中で

やり果たせたことが

大してないこと。


それが

コンプレックス

だったので^_^;



尻切れトンボに

終わること、

中途半端に

終わることが

嫌だ!


って気持ちが

ありました(^_^;)



また

私は中途半端な

人間のままだ〜

ってコンプレックスから

そう思ってたんですよね。



でも

熱中する時期は必要でも

完成させる必要は

なかったりもします。



ただ

それを知るだけでもいい、

体験するだけでいいものも

あるから。



私も

コンプレックスから


中途半端にしない人、

何でもやり抜いてきた人が

うらやましい。


あんな風になりたいし


人からも

そう思われたいって

気持ちはありました(^_^;)


でも

そういう人は

そういう星の元、

そういう性質を

ただ、持っている人なんだと。



それはそれ。



自分は自分の

ふさわしい生き方、

在り方がある。


自分の性質や

生き方を認めること。



新月の前後で

それを感じています。



新月の2日前に

私と同じ、

インディゴチルドレンの友人と



私が

「人生の中で、

大してやり果たしたことがない。」

と言うと


「それで

いいんだと思うよ。


やり果たすべきことは

あるだろうけど。


全て何かをやり果たす、と

私達は違うんだろうね。」


らしき会話をしました。



成功者や

自分のやりたいことを

形にしている人は


自分の専門分野だけを

一生懸命しているんじゃない。


自分の専門外の

ことでも

何でも

精一杯やってる。


「やり果たしている人」

っていうのは

何をやっても


やり果たしていく人だ、と



それを感じていたため


じゃあ

自分が成功したり

何かを形にするには


私もそうならないと・・・

って思っていました^_^;



それも

間違ってはいないとは

思います。



何をしても

ちゃんと結果を出す人は


それだけ

「今、この瞬間を

生きているから。」


わき見はしないで

「今この瞬間」に

集中して生きるから

でしょう。



たしかに、

わき見せずに

今この瞬間を生きて

いくのは


誰しも必要。



ただ

「意識を今から外して

わき見ばかりしない、

今に集中して生きる」ことは

必要でも



結果まで

出す、出さないも

どちらもある。


自分にとって

必要なければ

結果はいらなかったり

するんです。


特に

インディゴチルドレン達は

宇宙の流れに対し

ストレートです。


あんなに

ハマってたくせに

突然、飽きるの?

でしょうが



自分にとって

不要なものは手放す。

必要ならつかんでゆく。


インディゴの特徴でも

あります。

f:id:megst:20170723225632j:plain


獅子座の新月


内なる獅子。


自分のコンプレックスからの

目覚め。


自分で自分を認める。



それも

自分の性質の1つなんだと。

みんな、この人さえ、いなければ・・って思うだろうけどけど。

f:id:megst:20170709235343j:plain


「目の前の自分を不快にさせる人。」


「いちいち悩まないといけない出来事。」


「めんどくさいって思うようなことが、起きる。」


そういうときって


この人さえいなければ

毎日、平和なのに!


このことさえ無ければ、

何も悩まずに、楽しくやれるのに!


って

思いたくなるでしょう(^_^;)



じゃあ、


目の前の

「自分を不快にさせる人」を

切り捨てれば

その人が、

その出来事が、


無くなれば


自分は

平和で何の問題も無い日々を

過ごしていられるのか?



でも

大半の場合が

「目の前の嫌な人、

目の前の嫌な出来事」を

消し去ってしまっても



また

しばらくすると


同じようなことが

起きて


どうせ、

また同じように悩んでいる。


こんなパターンが

多いと思います。



だって

結局


自分の中の課題、


この人から

この現象から


学ぶことがあるから

巡ってきているだけ。


いくら

避けても


「避け続けるまま」

では

いられないんですよね。



私達って、

みんな


自分が

今いる次元から

「次元上昇しようとしている」

らしいんです。



そのためには

自分以外の他者や

自分の外側で起きる

出来事から

影響を受けて葛藤し



今までの

自分からは

上昇する。



科学的に言っても

それを繰り返している

らしいんです(^_^;)



物理学や量子力学のことは

分かりませんが(^_^;)



よく

スピリチュアルの世界では

「魂の成長のために

生まれてきている」

と言われますが。



次元上昇するために、

魂的な成長のために、



そのために

誰しも

「必要な人や出来事」を

呼ばずには

いられないんですよね。



いつも

めんどくさいから

適当にうわべだけの

付き合い方ばかりしている、

なら


人を信頼することを

学ぶ。



今までの生き方が、

この人、

めんどくさい、

ウザいと思えば

すぐに切り捨てる、なら


上手く付き合ってゆく

ことを学ぶ。


など。



「自分を不快にさせる現象」

の奥には



自分が

成長するために

必要な要因が


反映されて

いるんですよね。



そして

その自分への

課題を読み取り、



向き合い

自分の内面が

変わったとき


もう

同じような現象って

起きなくなるから。



もし

今のあなたの課題が

「自分の意見を言えるか」

だったり


「他人との

コミュニケーションを取ること」

なら


そこが

クリアされたときが

その課題から

卒業のサインが現象として

出るときかもしれません。


f:id:megst:20170709235525j:plain


何か

「自分を不快にさせる出来事」が

起きたときや


「上手くいかない出来事」が

起きるときは



自分の内面に

ある課題が


この

「自分を不快に

させる現象」の奥にはある、だけ。